KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

【旅行準備】身軽で且つリゾートを満喫できるリゾートウェア

f:id:makikosuwa:20170817145859j:image

 旅行へは極力少ない荷物で行きたい私たち夫婦は、持っていくものをかなり絞って行ってます。

とはいえ、その土地を楽しめるための服装やアイテムは持って行きたい!

今回は、リゾート地へのお気に入りアイテムをご紹介します。

 

リゾートを楽しむためのお洋服 

水着とビーチウェア

ビーチリゾートでは、中に水着を来て、ホテルとビーチを行き来したり、場合によっては寄り道して帰りたいものですよね。

なので、水着とその上に羽織るものを組み合わせて持っていくようにしています。

f:id:makikosuwa:20170831073001j:image

こちらは、今年2017年の夏に買った Calzedoniaのパイナップル柄のグリーンの水着。 

以前ハワイで買った、これまたパイナップル柄のビーチサンダル。

ビーチサンダルは、履いてしまえば、あまりパイナップル柄が大きくないので、良しとして組み合わせちゃいます。

f:id:makikosuwa:20170930000335j:image

 

上に羽織るのは、シャツワンピース。

 

f:id:makikosuwa:20170929222247j:plain

水着の上にそのままワンピースとして着ることもできるし、(この写真は一番下までボタン止めてないですが。。)

 

f:id:makikosuwa:20170929220634j:plain

短パンを履いて、前を開けてロングシャツとして着ることもできて便利。

 

ジャブジャブ洗える素材ということも大事ですね!

 

そして、毎日泳ぎたいので水着は2,3着持っていきます。今回のダナン旅行はこちらを持っていきました。

f:id:makikosuwa:20170831073025j:image

この水着は、アジアでも、ハワイでも、ヨーロッパでも合うので使い勝手の良いデザイン。 

上に羽織るビーチウエアはこれまたCalzedoniaのもの。Calzedoniaのワンピース型のビーチウエアはSサイズでもかなり大きくて、身長160cmを超える私でも裾を引きずってしまうものが多いので、日本でショップを構えてなぜやっていけるのか、謎が残ります。笑

 

サンダルは、ヒールがコンソールになっていて重たいので、移動日にも履いていきます。

 

f:id:makikosuwa:20170929222733j:image

 

 街歩きウェア

海外リゾートは、国内の街中ではなかなか着られないお洋服を着たいですよね。

そして夏のシーズンに海外に行くと、かなりのオトナでも、ショートパンツやミニスカートを着ている人が多くて、ロングのパンツなどを履いていると何だか心からリラックスできていない感じがして、海外ではショートパンツを履いてしまいます。

 

f:id:makikosuwa:20170831073115j:image

こちらは、2017年の今年の夏用にBCBGMAXAZRIAのセールで買ったロンパース

 アジアンリゾートなので、お花の柄も地がブラックということも含めて、あまりライトな感じでないものを選びました。

 

f:id:makikosuwa:20170831073146j:image

サンダルはお気に入りの、お友達にお誕生日祝いにもらったこちらのヒールのついたビーチサンダル。

カラフルな石が可愛すぎる!

 

f:id:makikosuwa:20170929223021j:image

ランタンの光に包まれるホイアンの街で、最高の気分で来て&履いてました♪

 

アジアじゃなく、ハワイならもっとライトでカジュアルな感じにしたいですね。

f:id:makikosuwa:20170929204843j:plain

ハワイで買ってハワイで着てるお洋服。

Ivoryで買ったキャップやトップスたちと、

Diamond head beachhouseで買ったピンクのショートパンツとピンクのパイナップル柄のビーチサンダル。

全部お気に入り♪

 

f:id:makikosuwa:20170929204907j:plain

サンセバスチャンでも、空の青さがくっきりしてるので、空気感が合うんですよね。

 

f:id:makikosuwa:20170929221055j:plain

バルセロナのビーチ方面なら、ビビッドなピンクのワンピが気分♪ 

 

ヨーロッパでもビーチがない場合は、こんなにミニは難しいですね。

 

f:id:makikosuwa:20170929231209j:image

7月のパリの滞在時はとにかく暑かったけど、裾はくるぶしは見せてもこのくらいになりますね。

 

f:id:makikosuwa:20170929232925j:image

このネイビーのオールインワンも重宝しました。素材が柔らかくてラクチン♪

 

寒さ対策の羽織もの

f:id:makikosuwa:20170930093835j:image

 シャツは、開けて着ても良いし、暑くなったら腰にまけたり、バックに入れてもコンパクトだし旅先には重宝する羽織もの。

 

 f:id:makikosuwa:20170930094127j:image

チャック付きのパーカーカーディガンも前あきに着られて便利ですね。

チャック付きのパーカーは、閉めるとインナーとの組み合わせを考えなくて良いのでこれまた便利!

 

あとは、現地でその土地の柄を感じられるストールを買って羽織るのもオススメです!

 

 

まとめ

 

ということで。

滞在先によって、

ボトムスの丈

カラートーン

を変えて、

どこに行くにしても、

着ていて楽な素材感

・くるくる詰められてシワにならない素材感

・合わせやすい寒さ対策の羽織もの

を大切にしてます。

 

 以上、海外リゾートでのお洋服に関してまとめてみました。

 

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<カテゴリ別>

◆ヨーロッパ

 フランス

  ⇒パリ

 スペイン

  ⇒バルセロナ

  ⇒サンセバスチャン

  ⇒ビルバオ

  イギリス

  ⇒ロンドン

  ⇒湖水地方

 ギリシャ

  ⇒アテネ

  ⇒ミコノス島

  ⇒サントリーニ島

 

◆北米

 アメリカ

  ⇒ニューヨーク

  ⇒ハワイ

 

アジア

 タイ

  ⇒プーケット

 インドネシア

  ⇒バリ

 ベトナム

  ⇒ホイアン・ダナン