KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

【ベトナム ダナンの魅力まとめ】 人気の理由を実感!

 f:id:makikosuwa:20170917122247j:image

 2017年8月に初めて訪れたダナン。

「今ダナンが熱い!」とは見聞きしていたものの、「確かにこれは人気出る!」と実感しました!

 

今回は、「ダナンの魅力まとめ」としてオススメする理由を、そして「ダナンを楽しむ条件」として、マイナス面というか、条件が合わないとダナンの魅力半減となるポイントについてまとめます!

 

 

ダナンの魅力まとめ

1.海が広くてキレイ!

 f:id:makikosuwa:20170917182419j:image

行くまでに見たダナンの海の写真は、なんともキレイさにバラツキがあって、「どのくらいキレイなんだろうか」と疑問に思っていた私たち。

ミーケビーチなども、米フォーブスで「世界で最も魅力的なビーチ」に選ばれたとはいえ、写真ではそれが伝わりにくいなあ、と思っていました。

 

が!

実際はこの写真の色で、これで加工なし、です。良い色!

 f:id:makikosuwa:20170917184423j:image

午後になると、色が濃くなります!

f:id:makikosuwa:20170917184620j:image

白波がたくさん立つ様子も良いですね!

水牛が通り過ぎる様子ものどか!

f:id:makikosuwa:20170917185042j:image

入ってもそれなりに透明感あります。

 ハワイの海には負けちゃいますが。

 

それでも、ホテルの目の前にキレイな砂浜と海が広大に広がる、というのが魅力です。

f:id:makikosuwa:20170917185332j:image

たくさんのホテルがビーチに面しています。

 

 

そして、シーズンによるようですが、砂浜エリアが広い!

f:id:makikosuwa:20170917184244j:image

それが広々とした開放感を感じさせます。

f:id:makikosuwa:20170917213903j:image

これがずーっと続いていくので、左右にも広がりを感じて広々、開放的な場所なんです。

 

 

2.朝日が美しい!

前述のとおり、ビーチに面しているホテルが多く、その海は東を向いています。

なので、ハワイはサンセットを楽しみたいですが、ダナンでは早起きしてサンライズを楽しみたいところ。

f:id:makikosuwa:20170917190139j:image

こんな景色や、

f:id:makikosuwa:20170917190117j:image

こんな景色に出会えます。

これも色加工なしです!

こんな空の下に身を置いて1日の始まりを迎えられたら、そりゃあもう最高ですよね!

f:id:makikosuwa:20170917190313j:image

朝の過ごし方については、詳しくはこちらもご覧ください! 

ベトナム ダナン旅行記5 ダナンでは絶対早起きすべし! - KM delicious trip

 

f:id:makikosuwa:20170917190837j:image

 

 

3.のどかなのに、洗練ホテルがたくさん

 f:id:makikosuwa:20170917182458j:image

ダナンの魅力として、「のどか」、ということが挙げられます。

 前述の、ビーチがとにかく広くてずっと繋がっていて、それでいてホテルとホテルが隣接しておらず、今はまだかなり空いているので、かなりゆったりしているので、とても静か。

 

それでいて、五つ星のホテルがズラリ。

f:id:makikosuwa:20170917190033j:image

インフィニティプールは多くのホテルにあったり(そりゃあ、ビーチに面していればそう作りますよね)、洗練されたホテルがたくさん!

f:id:makikosuwa:20170917192400j:image

 

 

4.最強コスパ

そしてそれが、ベトナムの物価の安さゆえ、洗練された五つ星ホテルにお得に泊まれるんです。

f:id:makikosuwa:20170917192423j:image

私たちが泊まったナマンリトリートも、8月の4泊の旅で、航空券+ホテル代(毎日の朝食とスパ付き)で、一人11万五千円で行けました!(公式HPではないところで探した方が安いです!詳しくはこちら

ベトナム ダナン旅行記1 計画編 ホテル予約と旅全体スケジュール - KM delicious trip

)

一番お安いお部屋でしたが、コスパ最高で完全に満足!

このコスパの高さは、ハワイやグアムと比較してももちろん、同じアジアンリゾートのプーケットやバリ以上かと思います!

 

五つ星ホテルに泊まって、街中で食事するのも、物価が安いベトナムならお得に美味しいベトナム料理を楽しめちゃうのも良いですね!

f:id:makikosuwa:20170917203410j:image

私たちは今回ダナンの繁華街は車で通り過ぎただけなのですが、プーケットのパトンビーチ付近やバリのクタのようなアジアの雑多感、というよりも発展途上感があり(発展してしまってるからビルが多く、でも途上なのでシンガポールなどのようにスッキリしていない)、あまり繁華街の方はピンと来ず、でした。

なので、次回もホイアン側のホテルにして、夜ホテルを出て食べるならホイアンで複数回でも、と思いました。

f:id:makikosuwa:20170917193730j:image

かなりホイアン側なので、今回ダナンのホテルとしてあまりヒットしてこなかったのですが、六つ星の呼び声も高いフォーシーズンズ リゾート ザ ナムハイも素敵そうなので、次回は要チェックですね!

 

 

5.スパが安い!インクルーシブも!

f:id:makikosuwa:20170917205822j:image

(画像はホテル公式HPより)

アジアンリゾートはどこもスパやマッサージが盛んで日本よりもずっとお得に受けられますが、ダナンも同様でした。

特にホテルの金額にインクルーズされているところも多いです。

ダナンで有名なフュージョンマイヤや、私たちが泊まったナマンリトリートもスパインクルーシブでした。

 

 f:id:makikosuwa:20170917203510j:image

街中のスパも良いですが、単に安い、ではなく、空間の雰囲気の良さも大事ですよね。

ホテルのスパならその点も楽しむことが出来て、最高に癒されます。

 

 

6.世界遺産の街ホイアンが近い!

 f:id:makikosuwa:20170917205734j:image

 街全体が世界遺産に登録されているホイアンは、ランタンでも有名。

月に一度ランタン祭りがありますが、ランタン祭りの日でなくても街にはランタンがたくさん灯ります。

f:id:makikosuwa:20170917214922j:image

まるで千と千尋、ノスタルジックで幻想的な世界に入り込めます!

 

f:id:makikosuwa:20170917211908j:image

お寺や古いお家など観光名所もたくさんあるホイアンですが、私たちはそれらには興味なかったので、夕方から行きました。

f:id:makikosuwa:20170917223008j:image

私たちにとっては、それで十分でした。そのくらい町歩きするだけなら一通り見られる、コンパクトな街です。

 f:id:makikosuwa:20170917215657j:image

私たちが行った時は、まさかの雷雨からの街中停電で、川沿いのレストランからも、わずかな灯りのみ、というアクシデント。

f:id:makikosuwa:20170917215837j:image

その後停電が直りますが、せっかくの夕暮れ時がどんより状態。

翌日また行っても良かったな、と思います。

 

ホテル”ナマンリトリート”からタクシーで約20分、約1,000円だったので、前述のとおり、夜ご飯だけ食べにホイアンに行く、というのは全然あり、ですね。

f:id:makikosuwa:20170917220300j:image

 ホイアンへの旅行記はこちら

ベトナム ダナン旅行記9 世界遺産の街ホイアンでランタンの光に包まれる♪ - KM delicious trip

 

 

5.五行山が楽しい!

 f:id:makikosuwa:20170917211438j:image

 ダナンの観光名所である五行山は、予想以上の楽しさでした!是非オススメです!

 

f:id:makikosuwa:20170917222921j:image

パワースポットとして有名な五行山。

沖縄の斎場御嶽みたいな感じです。その何倍も広く、スケール感も凄い!

 

f:id:makikosuwa:20170917223412j:image

こんな洞窟があって光が射し込んだり。

 

f:id:makikosuwa:20170917224439j:image

はたまた、こんな小さな穴を進むアドベンチャー感も。

 

f:id:makikosuwa:20170917224932j:image

山登りを楽しんだら、ダナンを見渡せる景色も楽しめます。

 

f:id:makikosuwa:20170917224516j:image

 

驚くほど大きな洞窟の中には仏像や祭壇があり、神聖さを感じます。 

f:id:makikosuwa:20170917224658j:image

こんな山道も絵になり、空気が良いんです。

 

f:id:makikosuwa:20170917224857j:image

ベトナムらしい派手な寺院も見どころです。

 

実際の五行山への旅行記はこちら

ベトナム ダナン旅行記10 五行山(マーブルマウンテン)は行く価値あり! - KM delicious trip

 

 

6.ベトナム料理はヘルシーで美味しい! 

f:id:makikosuwa:20170917225227j:image

ヘルシーなベトナム料理。

日本ではタイ料理屋さんの方がずっと多いですが、今回かなりハマりました!

 

f:id:makikosuwa:20170917225531j:image

ホイアン名物のホワイトローズも、

 

f:id:makikosuwa:20170917225616j:image

伊勢うどんがルーツのカウラウも、日本人の舌に合う料理が多いです。

 

f:id:makikosuwa:20170917225645j:image

フランス料理の影響も大きいベトナム料理は、フランスパンに挟むサンドイッチ、バインミーも美味しかったー!

 

ちなみに、パクチーが苦手な私ですが、今回出会ったベトナム料理にはパクチーはあまり入っていなかったです。

香草っぽいのは、ミントとバジル。

これがスッキリサッパリしながらクセになって良かったです!

 

 

7.時差が2時間とわずか

 時差が少ないことがアジアンリゾートの魅力の一つですね。

ダナンは日本とわずか2時間の時差で、時差ボケにならないですみます。

 

 8.安近短

直行便で成田から5時間50分。

 そして、ダナン空港から繁華街までは、わずか車で5分。メインビーチとなるミーケビーチへは車で約10分とコンパクトな街の作りになっていることもダナンの魅力です。

 

 ダナン空港からホイアンへは、車で約45分。その間のビーチ沿いにたくさんのホテルが点在しているので、「ダナン空港や繁華街に近い方が良いか」、「ホイアンに近い方が良いか」、は希望する過ごし方次第ですが、いずれにしてもさほどの距離ではないコンパクトさです。

 

 

 

ダナンを楽しむための条件

1.お天気に左右される

 天候のことは仕方ないことではありますが、ダナンは晴れと雨では海の色が全く違います。

f:id:makikosuwa:20170918204014j:image

私たちが訪れた8月はベストシーズンとはされていますが、3〜8月がベストシーズンと言いつつ、結構夕立にあったので(上の写真です。ホイアンではまさかの停電に!)、変わり目を避けて実際は5〜7月がベスト中のベストなんだろうな、と思いました。8月は降ってもすぐ止みますけどね。

f:id:makikosuwa:20170918204138j:image

ホイアンでの雷雨と、ぼったくり雨合羽も今となれば良い思い出。。です。。

次に行くなら早めの夏休みとして行こうと思います!

 

 

2.まだまだ発展途上

ダナンは現在かなりの建設ラッシュ!ビーチ沿いを車で走っていると

 f:id:makikosuwa:20170918111439j:image

こんな光景に何度も出会います。

それは通り過ぎるだけ、と割り切ってください。

 

 

3.情報が少ない

 ダナンは韓国人がとても多いです。

instagramNaverで物凄くアップされて拡散されているからだそう。

ダナンはまだまだ情報が少なく、ホテルもどうも同じように見えてしまって困ってしまったのですが、そんな韓国人がガンガンあげてくれているinstagramをチェックすると、実際の様子がわかって便利です!

 

 

ダナンに向いている人

色々書きましたが、結局のところ、向いている人としては、


ささっと海外リゾートに行きたい!
基本ホテルの中で、ホテルのプライベートビーチとプールで過ごし
・グアムよりは趣のある雰囲気を楽しみたい
・そしてちょっとだけ素敵なアジアの街並みを楽しみたい
プーケットのパトンビーチやバリのクタ程は雑多じゃなくて良い

ヘルシー志向早起き志向の人

 

という人です!

正直、今回かなりクタクタな状態で夏休み突入したので、ダナンがピッタリでした!

心身のメンテナンスがバッチリできた旅でした!

 

この次は、一旦ダナンから離れて、東京のレストランについての記事をまとめます!

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

  

 

ベトナム ダナン旅行記 記事一覧>

ベトナム ダナン旅行記1 計画編 ホテル予約と旅全体スケジュール - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記2 ホーチミンでのトランジットにご用心! - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記3 ダナン空港からナマンリトリートへ - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記4 ナマン リトリートのベトナム料理ビュッフェディナー - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記5 ダナンでは絶対早起きすべし! - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記6 ナマンリトリートの全貌をご紹介! - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記8 スパ三昧な日々を満喫❤︎ - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記7 ヘルシーなベトナム料理で朝からパワーチャージ! - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記8 スパ三昧な日々を満喫❤︎ - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記9 世界遺産の街ホイアンでランタンの光に包まれる♪ - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記10 五行山(マーブルマウンテン)は行く価値あり! - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記11 ホテル内''Bラウンジ”と”プールバーSitini Bar'' - KM delicious trip

ベトナム ダナン旅行記12 フォトジェニックな写真がたくさん撮れるダナン旅! - KM delicious trip

ベトナムダナン旅行記13 ビーチで初ドローン - KM delicious trip

 

 

intagramはこちら。