KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

【六本木】Jean-Georges Tokyo

f:id:makikosuwa:20170622213735j:image

 東京のレストランログ2記事目は、六本木にあるミシュラン一ツ星レストラン、Jean-Georges Tokyo (ジャンジョルジュ東京)です。

 

 この日は、澤屋まつもとさんとのコラボペアリングディナー♪

”澤屋まつもと”というと、220年以上に渡り、酒を醸し続けてきた、京都府伏見の名酒。

 

杜氏の松本氏は、本田直之さんがつい先日記事をポストしていたり、なにかと注目していた人でした。

その松本氏を京都から招き、米澤シェフの料理とのコラボレートディナーを開催すると聞いて即予約しました!

 

 

f:id:makikosuwa:20170622213746j:image

私たちは二階の奥の席に通して頂きました。満席ですね、さすがです!

 フレンチコースのペアリング、ということで。

こちらのグラスで頂くようです。

ずらりと並ぶグラスに期待が高まります!

 

お料理がスタートする前に、松本氏と、米澤シェフとの対談が最初にあるということで、1階に降りて一緒に聞きます。

f:id:makikosuwa:20170625151224j:image

奥の空いてるスペースから聞かせてもらったので、これまた更にずらりと並ぶグラスが圧巻!ですね!

 

米澤シェフが忙しい中でも松本氏とスケジュール合わせて京都まで行って、そこでしか味わうことの出来ないお酒なども飲みながら、ふたりで話し合って今日のためのお酒をチョイスしたそう。

 

そうして、お酒が決まったら、ひとつ一つの銘柄に合わせてお料理を組み立てていったとのこと。

 

お二人ともかなり忙しいでしょうに、この一日のために、京都まで行き、それぞれのお酒に合わせてメニューを新しく作るって。。。

素人感覚からしても凄すぎですね。

 

でもそういうことを、苦労、とか、努力、とか感じてないんでしょうね。このふたりは。

何とも楽しそうでイキイキしてる様子を見て、尚更ステキだなぁ、と関心してしまいました。

 

一杯目のお酒でお店にいる人全員で乾杯しました。

旦那さんと、「イイねー」、「ステキだねー」と話しながら上のフロアに戻ります。

 

そしてお料理スタート。

一杯目のお酒と一品目のお料理は、

f:id:makikosuwa:20170623090324j:image

イサキのカルパッチョ  オーシャンハーブとフィンガーライム

×

古今 2016

 

この、皆んなで乾杯した、「古今」というお酒は、松本氏曰く「生まれたばかりの赤ん坊」だったかしら?

 とにかく凄い清涼感!

 

お料理の前にお酒だけ頂いて、お料理を口に入れて味わってから、またお酒を飲む。

という順番でマリアージュを楽しみますが、そうすることで、発見がたくさん!

 

旬のイサキのサッパリだけど磯の香り、と、フィンガーライムのプチプチ食感が、清涼感溢れるお酒と合う!

美味しいー!!!

 

f:id:makikosuwa:20170624213841j:image

そして、このパン。

ケンタッキーフライドチキンのビスケットの超高級版!これがまた美味しいんです。

バターも最高で、濃厚だけど後をひかず程よい塩加減。

絶対お腹いっぱいになるから食べちゃダメ、と思ってもつい食べてしまうー。。。

 

そして2品目。

f:id:makikosuwa:20170622213921j:image

トマトサラダ 蛤と雲丹 グリーンチリフォーム

 ×

ノータイトル 2016

 

 まずもって、「ノータイトル」というタイトルのお酒。と、ミシュラン星付きレストランで頂く「トマトサラダ」。

色々気になる。。

 

その、気になった「トマトサラダ」は、私史上最高のトマトサラダでした!蛤と雲丹と、その他彩るアイテム多数ながらトマトが負けてない!

トマト三切れだったので、一切れ一口で、上に乗っているもの全て含めて口に入れると、、物凄く見事に混ざり合います!!!

 これは驚くレベルの美味しさ!!!

 

f:id:makikosuwa:20170625152800j:image

これに、ノータイトル、を合わせると、そのままだけで飲んだ印象と、また違った味わいが広がります!

これぞまさにマリアージュ!!!

思わず、二人で「おぉーっ!」と言ってしまいました。笑

 

 

 

そして続いては、、 

  f:id:makikosuwa:20170623095924j:image

蒸し黒アワビ バジル風味の肝ソース

×

愛山 2013

 

この黒アワビ、めっちゃくちゃ柔らかい!その秘密は、この愛山というお酒に漬けてから蒸しあげたとのこと。

そのことで、より一層お酒とのマリアージュがベストマッチになってます。

 

そして、バジルで爽やかさを纏った肝ソースがこれまた最高。

ビスケットを食べ終えて次に足してくれたパンにつけて、キレイに平らげました。パンでお腹が膨れるわけにはいかないものの、このソースを最後まで味わいたい!というジレンマ。。

 

 

そしてこの特別ペアリングコースの凄いとこは、、、グラスに日本酒が少なくなったらドンドン足してくれること!
私の日本酒をお店で避けがちな理由として、量に対してのコスパが悪い、と感じてしまうのですが、この日はグラスも大きいし、足してくれるし、しかも!!!
お料理6品と日本酒5種で税サ込で、22,000円という破格プライス!

いやいや、もちろんかなり一食のお値段としては充分お高いのですが、JGは普段ディナーコースは19,800円ですし、お高いお店でワインを飲んだりしていても、いちいち値段を聞かないので、「これ、結局サービス料かかって合計いくらになってしまうのかしら」と不安がよぎるものですが、その点、ペアリングでインクルーズされていると完全に健全な精神状態で愉しめます♪

 

唯一の欠点は、つい飲み過ぎてしまうことですね。勝手な話ですが。笑

この日はディナー前に仕事の軽い打ち上げがあり、夕方から三杯ビールとワインを飲んできてしまったこともあり、そろそろ酔ってきました。

 

 続いては、、、

f:id:makikosuwa:20170622214022j:image

甘鯛の鱗焼き シェーブルチーズのホイップ ジロール茸

×

秋津山田錦 西戸 1561-2

 

 これが、今コースで最もインパクトのある、そして、ペアリング効果を感じた一杯と一品。

 

シェーブルチーズだけをペロッと舐めてみると、結構酸味が強めなのですが、この西戸を飲んでから、お料理を食べてみると、、、引っかかりが全くなく、とにかく合う!!!

何これー!!!凄い!!!

 

甘鯛の鱗のパリパリ感も最高!

 

付け合わせのジロール茸の旨味も効いて、数あるキノコの中から「これじゃなきゃダメ」感満載!

 

そしてまたお酒飲むと、完璧!って思うわけです。

 

米澤シェフも、「このお酒に合うこの料理が出来た時点で、今日のコースは勝った!と思った」と話していました。

 

 

 

この記事を書いてる状態はお酒入っていないのですが、その日のテンションで書いてます。笑

 

そしてメインは、、、

f:id:makikosuwa:20170622214035j:image

 鴨のロースト 初夏野菜 味噌マスタードソース

×

秘蔵蔵酒

 

 秘蔵蔵酒、ということで、流通していない、貴重なお酒を今回のために運んできたそう。期待が高まります!

 

f:id:makikosuwa:20170622214050j:image

それだけに、ラベルの付いていないお酒。

これがまたコクのある深い味わい。

鴨にも、味噌マスタードソースにも負けてない!

 そして、この鴨がとっても美味しい! ここまででかなりお腹いっぱいなのですが、それでもこの肉厚感は嬉しく、火入れが完璧!です!

 

 そしてデザートは、

f:id:makikosuwa:20170623212337j:image

メロン ココナッツのパンナコッタ kocon

最初のお酒の古今が使われているんですね、かなり効いてます。

メロンで初夏らしいサッパリをハーブティーと合わせて楽しんで、最高のディナーが終わりました。

 

f:id:makikosuwa:20170622214109j:image

最後は米澤シェフと一緒に写真撮ってもらいました♪

ご馳走様でしたー♪

 

<関連記事>

【四谷 荒木町】 ちゃわんぶ 車力門 - KM delicious trip


 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip