KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

春の沖縄旅行記3 久高島にはフェリー時刻にご注意を!

f:id:makikosuwa:20170318004540j:image

 沖縄3日目。で、東京に帰る日。

新郎新婦が私たちを「連れて行きたい!」と考えてくれていた、久高島(くだかじま)と斎場御嶽(セーファウタキ)。

久高島は理由あって、あいにく行けず、だったのですが、最後にやっと晴れてキレイな海を楽しめました♪

 

 

f:id:makikosuwa:20170318004810j:image

 昨晩は寝坊して朝ごはんを食べ損ねた私たち。今朝もやってしまいました。皆んなとの集合時間15分前にブッフェスタイルの朝ごはんにかけ込み。

 

f:id:makikosuwa:20170318004826j:image

プールサイドで朝ごはん。

だけど、水が入ってない。笑

 

f:id:makikosuwa:20170318004924j:image

 ホテルの敷地はとても広大。

海と空が本当にキレイ♪

 

f:id:makikosuwa:20170318004941j:image

 ホテルロビーからの眺め。

この内観は陰になって!外が大自然っていう構図が最高ですね。

 

カヌチャリゾートから斎場御嶽までは車で1時間半ほどの距離。

 

斎場御嶽の駐車場は、なかなか「観光地」してました。2000年に世界遺産登録されてから観光客が増えているようですが、あまり大衆的にしてほしくないものです。

ただこの駐車場から歩いて10分かかります。

 

そもそも。

御嶽(うたき)とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で、斎場御嶽琉球王国最高の聖地とのこと。パワースポットとして最近では有名ですね。

 

琉球王国時代、国家的な祭事には聖なる白砂を「神の島」といわれる久高島から運び入れ、それを御嶽全体に敷きつめたそう。

 

そういう意味でも、久高島と斎場御嶽はセットで訪れた方が良いですね。

 

f:id:makikosuwa:20170318010604j:image

これが斎場御嶽の入口です。ここから中に入ります。

 

入場券(大人300円)を払い、この中に入って、斎場御嶽についてのビデオを見ます。

f:id:makikosuwa:20170604213300j:image

ここからスタートです。

 

早速階段を登って。足元は湿気ある空間だからか、雨が降ったのか、しっとり濡れた地面で、ビーチサンダルやヒールの靴などは危険です。

 

f:id:makikosuwa:20170604220525j:image

最初すぐに久高島が見えるスポット。

太陽があがる方向にある久高島は沖縄各地で崇拝されているようです。

 

f:id:makikosuwa:20170318010635j:image

歩みを進めていくと、美しい新緑の森の中。

やはり神聖で特別な場所なんだなぁと感じます。

でも、途中で足を止めたり、が憚られるほど、人がたくさんです。道幅は森の中で広くないので、一列になってるので、自分のペースで過ごせる感じではなかったです。

 

 f:id:makikosuwa:20170606095558j:image

 

 ここは、ユンイチ(寄満)といい、琉球王朝では台所の意味だそう。豊穣の満ちたりたる場所と言うような意味にも使われていたそうです。 

f:id:makikosuwa:20170606211557j:image

目を瞑って深呼吸。

でも。

このあたりは、行き止まりになっている場所なので、かなり人で混み合います。なので、人が少ない時間帯なら、もっと違うんでしょうね。

 

f:id:makikosuwa:20170318010158j:image

 そして最大のハイライト。三庫理(さんぐーい)と呼ばれる拝所。

巨大な岩が一枚は垂直に、そしてもう一枚はそれに寄り添うように斜めになっていて、その下は直角三角形で空間が抜けていて、大人の身長の何倍もある高さのトンネルのようになっています。

見る人を圧倒する迫力があります。

が、なんせその前に立って記念撮影をしている人が多く、神聖さ、というよりも観光地、を感じでしまいました。

 

f:id:makikosuwa:20170604205244j:image

その先は左手が開けていて、木々の間に開いた丸い空間からは神ノ島・久高島が見えます。

 

 f:id:makikosuwa:20170318091429j:image

朝は9時からやっているようなので、次回来るときは朝一で入りたいです。

より、人の多さも空気も違うはず。

 

■3月~10月 9:00~18:00
(チケット販売17:15 最終入館締切 17:30)

■11月~2月 9:00~17:30
(チケット販売16:45 最終入館締切 17:00)

 

 

そして、久高島に向かおうとした時。

 帰りのフライト時刻を考えると、フェリーの時間が合わないことが発覚!

f:id:makikosuwa:20170607094114j:image

 14時のフェリーで30分ほどかけて行っても、15時には帰りのフェリーに乗らないと行けなく、滞在時間わずか30分、ということに。。。

 

「先に久高島に行けば良かったー!」と、新郎新婦は後悔。。。久高島も斎場御嶽も行きたい方は、ここ、要注意です!!!

特に、11時30分を逃すと次は14時なので、気をつけないとですね。

いずれにしても斎場御嶽も朝一の方が神聖で良いし、もっとゆっくり過ごせたら感じるものも違うはずだし、久高島もサイクリングしたり過ごせるようなので、10時前には斎場御嶽に行って(中を見るのに1時間くらい、駐車場から徒歩10分を往復、あとビデオ見ることを考えるとこのくらいみておきたいです。)、11時30分の高速船に乗りたいとこですね。

 11時30分は高速船ということで、約15分で着くそう。

 

f:id:makikosuwa:20170610133504j:image

久高島は画像で楽しむことにして。

ググるとこんな感じ。

あー、やっぱりキレイー!

 

f:id:makikosuwa:20170529215645j:image

 ということで。

本来、船の出る安座真港のすぐ隣にある、あざまサンサンビーチに行くことに。

地図でいうと、赤い印がついているとこが、斎場御嶽で、その上の星があざまサンサンビーチ。

 

 f:id:makikosuwa:20170318091629j:image

うわーっ!

キレイです!

雲もかわいい形で、素晴らしい景色!

 

 

f:id:makikosuwa:20170318091641j:image

物凄い透明度!

あー、泳ぎたい!

春で海開きしてないから、他にほぼいない貸切状態。

それも贅沢です♪

 

f:id:makikosuwa:20170318091655j:image

島はやっぱり風が抜けて気持ち良いですね!

 

f:id:makikosuwa:20170318092226j:image

ビール飲んじゃいます。

ここで、シート敷いてお酒飲みながらピクニックランチしたら最高です!

ゴロンと寝転んで本を読むだけで、空と海の色と、抜ける風に癒されそう。

 

f:id:makikosuwa:20170318091802j:image

 奥には謎のピンクのハートと鐘を発見。

物凄いB級感。笑

 広〜い場所にぽつんと立ってます。

 f:id:makikosuwa:20170318091930j:image

 180度広がる海の景色。

 風も最高に気持ち良い!

 

 f:id:makikosuwa:20170318091943j:image

 最後に晴れた沖縄のキレイな海を見られて良かったー!

夏も良いけど春の沖縄も良いですね。

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<沖縄旅行記の目次 記事一覧>

春の沖縄旅行記1 牧志公設市場と北谷アメリカンビレッジ - KM delicious trip

春の沖縄旅行記2 古宇利島の美しいビーチを満喫! - KM delicious trip

春の沖縄旅行記3 久高島にはフェリー時刻にご注意を! - KM delicious trip