KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

タイ プーケット旅行記6 透明度抜群のラチャ島(ラチャヤイ島)へ

  f:id:makikosuwa:20170103170249j:image

 今日はラチャ島へ!(ラチャヤイ島、とも呼ばれているようです。特に現地のガイドさんはラチャヤイ島、と言ってました。)

プーケットからの籬島ツアーとしては、ピピ島が有名ですが、前回既に前回既に行ったことがあるのと、かなり遠いので今回は片道40分くらいで着くラチャ島(ラチャヤイ島)へ行くことに。

 (ピピ島・コーラル島・ラチャ島(ラチャヤイ島)の比較記事はこちら。←何がどう違うのかをまとめてます!)

 

まるで絶叫マシーンな船でGO 

ホテルまでバスが迎えに来てくれて、船乗り場に到着。

f:id:makikosuwa:20170216173346j:image

すでに結構混んでます。

 行き先別に色の違うバンドを渡されて、ライフジャケットを受け取り、近くで待ってるように言われます。

 

他の、同じ船に乗るはずの人が到着してないらしく、だいぶ待たされました。そこは、団体行動の大切さ、ですね。

f:id:makikosuwa:20170218165734j:image 

こんな感じのボートで行きます!

 

 そして、事前に「ラチャ島へのボートは早すぎて怖いレベル」と聞いていましたが、

確かに、激しいです。。

物凄いスピードで飛ばすので、ちょっと波が高いところに突っ込むと、船が浮いて、自分の身体も「フワッ」と浮いて、船が海に叩きつけられて「ドンッ!」と凄い音と共にかなりの衝撃。

 

えー、海って 液体なのに、もう個体かのような感覚。。ジェットスキーの大型版って感じです。

 

それが続けてやってきます。

フワッ。ドンッ!

フワッ。ドンッ!

フワッ。ドーンッ!

途中でだんだん可笑しくなってきました。

 

f:id:makikosuwa:20170216173246j:image

ちょっとしたアトラクション状態

スタッフの人はこんな中でも平気で笑って立ってます。日常の光景のようです。

私は大丈夫だったのですが、船酔いしやすい人は要注意です。酔い止めがあると良いですね。

 

そして特に帰りは髪が濡れている状態に、船に風と波しぶきが船内に入ってきて結構寒いです。

ラチャ島など離島へ行く際には、

・ホテルでビーチタオルを人数分借りて行きましょう。

・それを入れる濡れないビニール袋も大切です。

・座席の下に荷物を入れますが、そこもこの水しぶきが中まで入ってきて、結果結構濡れたりしますので、荷物全体がビニール性のものが良いです。

着替えも持って行きましょう。

 

 

先にラチャ島へ一度行って、大きなトランクを持った旅行客を降ろします。島にホテルがあり、そこに泊まる人たちのようです。

それもステキですねー。

 

お魚いっぱいの海でシュノーケリング

f:id:makikosuwa:20170216173204j:image 

そしてシュノーケリングポイントまで船は向かいます。シュノーケリンググッズを渡されて銘々装着。

f:id:makikosuwa:20170103170453j:image

 

前回ピピ島に行った時はフィンも借りたと思うのですが、今回のラチャ島ツアーではこのシュノーケリングゴーグルのみでした。

 船の後方から海に降ります。

 

f:id:makikosuwa:20170103170506j:image

海の中で撮影♪

たくさんの魚が目の前を通り過ぎます。人を恐れませんね。

 

f:id:makikosuwa:20170103170519j:image

ちょっと魚に襲われているようにも見えますが。笑

 

潜ってたら船に同乗していたスタッフのひとが、器用に泡で輪っかを作ってくれました。

f:id:makikosuwa:20170219030121j:image

手でかいて泡をたてて、

f:id:makikosuwa:20170219030126j:image

それを、一連の動作を見ていてもどうやるのかよくわからないのだけれど、輪っかに整形します。

f:id:makikosuwa:20170219030131j:image 

凄いっ!感動!

その輪っかはぐんぐん進んで大きくなって、消えていきます。

 

f:id:makikosuwa:20170103170540j:image

いやー、シュノーケリング最高でした!このままラチャ島に着いてからもこのシュノーケリンググッズを使って良いよ、と終日貸してくれました。

 

ラチャ島でのーんびり

 そしてラチャ島へ再度船で向かいます。

浅瀬なので、岸まで船は近づけず、プカプカ浮かんだゴム状の桟橋を歩いてビーチまで歩きます。

f:id:makikosuwa:20170103170558j:image

揺れるので気をつけて歩きます。

 

 ビーチまで歩いて振り返ると、、、

f:id:makikosuwa:20170103170736j:image

 白い砂、透明感抜群のキレイなグラデーションの海。。最高です!

 

f:id:makikosuwa:20170219114240j:image

ビーチ沿いには、ホテル「ザ ラチャ」があり、ホテル自体がシンプルで洗練されていて、ホテルといってもヴィラタイプで大きな建物はなく、オープンテラスがビーチ全面に面しているので、ビーチ全体がすっきりした印象です。

 

今度はこのホテルに泊まるのも良いなーと思いました。このビーチがほぼ目の前に会って、ホテル内にもプールがあって、とにかくのんびりしたい時には一つの候補に入れたいです。ちょっと年末年始だとお高いですが。。。

 

f:id:makikosuwa:20170219114309j:image

島の中に入っていくと、売店や、 

f:id:makikosuwa:20170219114316j:image

 シャワールームやトイレがあります。こちらは有料でした。

 

f:id:makikosuwa:20170219114326j:image

そこを進むと、先ほどのホテル「ザ ラチャ」のエントランスが。ステキですねー。

 

f:id:makikosuwa:20170219114518j:image

 

更にランチのために歩きます。やっぱり田舎ですね。

 ランチはタイ料理ブッフェでした。

 

f:id:makikosuwa:20170219191411j:image

ランチ後、帰りは荷車に乗せてもらって先ほどのビーチに送ってもらえるのですが、私たちはせっかく島の中程まで来たので、逆サイドに行ってみたいと思ってガイドさんに聞いてみると、「シュノーケリングにぴったりなビーチがある」とのことで、行ってみることにしました。

 

ただ。

結論から言うと、全くオススメではありません。静かなビーチを希望なら、上記地図の「slam bay」の方が良いようです。

 

私たちはそうとは気づかずに地図右手のビーチを目指して進んでしまいました。

f:id:makikosuwa:20170219114356j:image

道中は、水牛がいたり、のどかーな世界。

 

f:id:makikosuwa:20170219114405j:image

島をのんびり散歩も良いですねー。

 

f:id:makikosuwa:20170219114415j:image

 ビーチが見えてきましたー

ライフジャケット着たままだったから、暑い!

f:id:makikosuwa:20170219114423j:image

キレイな海です。人も少なくてまさにシークレットビーチ。

f:id:makikosuwa:20170219114448j:image

 でも。

ちょっと荒んだ雰囲気で、波も結構荒くてシュノーケリングでも怖いと思ってしまいました。

もう1組いた家族も引き返していきました。

私たちも先ほどのメインの海で遊ぶことに。

 

前述のslam bayも行きたかったのですが、時間ぎ限られている中でもう外せない!と思ったので。苦笑。。

 

f:id:makikosuwa:20170219114507j:image

ビーチはさらさらの砂で、寝転ぶと気持ち良い!安い金額でビーチマットとパラソルが借りられます。

 

f:id:makikosuwa:20170219112135j:image

アイス屋さんでアイスを買いましょう。

 

f:id:makikosuwa:20170219112203j:image

 旦那さんはレモン味。私はピスタチオ味。

どちらもサッパリしてて美味しいです!

 

f:id:makikosuwa:20170103170616j:image

 そして海でひと泳ぎ。曇っていても、キレイなエメラルドグリーン。

海からビーチを見た角度です。

 

f:id:makikosuwa:20170103170637j:image

逆を向くと陽の光の角度によって、また違うブルーに見えます。

 

結構人はいるものの、それでも泳ぐゾーンはこんな感じにかなりスイスイです。

 

f:id:makikosuwa:20170103170657j:image

シュノーケリングゾーンは、ビーチの左側 です。

潜らなくてもお魚が見えるくらいの透明度。

 

f:id:makikosuwa:20170103170717j:image

 プカプカ浮いてるだけで癒されるー

最高です。

 

f:id:makikosuwa:20170103170753j:image

 ホント、キレイな海でした!

 

事前に期待していたとおり、

①あまり混んでなくて

②とにかく透明感と美しいエメラルドグリーンカラー

でいて

③あまり遠くなく

の三拍子揃っていてバッチリでした!

 そして、船のスピード感も事前情報通り(笑)

 

ラチャ島、オススメです!

 

 

服を着替えて乾いた状態にしてから、またあの船には乗ります。

帰りは雨が降ってきてこれまたとんでもないことに。空いているところから雨が振り込んできます。ヒーッ。。

ビーチタオルは分厚いので身体にかけて避けてなんとか凌ぎました。

揺れと寒さで何人かの女性は気分悪くなってました。

タオルは余裕をもって持って行きましょう。ちゃんとふくことと、寒い時にはかけることもできるので。

 

船の中で、ホテルによって異なる帰りのバスの番号を教えてもらい、着いたらそのバスに乗り込みます。

 

ホテルに帰って今回感動したのが、

ベッドメイキング後のこちら。

ハンドタオルで作ったウサギ。

f:id:makikosuwa:20170129171606j:image

いつも、チップを置く時に折り鶴にthank youとメッセを書いて置くのですが、それに対して何かしら反応してくれることって、今まで新婚旅行で行ったサントリーニ島でタオルを鳥の形に折ってもらったこと以来です。

 

f:id:makikosuwa:20170129171845j:image

 やっぱりここのホテルは、洗練さには欠けるものの、スタッフが楽しそうでイキイキしているのが良いですね!

 

さて次回は、この旅最後のディナーに行きます!

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<タイ プーケット旅行記 記事一覧> 

年末年始の海外旅行先に 私たちがプーケットを選ぶ理由 - KM delicious trip

タイ プーケット旅行記1 年末年始旅行!現地に着くまで編 - KM delicious trip

タイ プーケット旅行記2 初日の夜ご飯&バングラ通り - KM delicious trip

タイ プーケット旅行記3 パトンビーチでパラセーリング! - KM delicious trip

タイ プーケット旅行記4 パトンビーチで新年のカウントダウン! - KM delicious trip

タイ プーケット旅行記5 離島はピピ島・コーラル島・ラチャ島どこに行く? - KM delicious trip

タイ プーケット旅行記6 透明度抜群のラチャ島(ラチャヤイ島)へ - KM delicious trip

タイ プーケット旅行記7 開放感たっぷりのレストランで最後のディナー - KM delicious trip

タイ プーケット旅行記8 絶品のカオマンガイ! - KM delicious trip