読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅日記

パリ/サンセバスチャン旅行記14 サンセバ編⑧ 遂にミシュラン三ツ星レストランへ★

サンセバスチャン

f:id:makikosuwa:20160920001852j:image

サンセバスチャン最後のディナーは、ミシュラン三つ星レストラン”martin berasategui”で、40才のお誕生日のお祝いをしてもらいました❤︎

小さな美食の街サンセバスチャン近辺には三つ星が3店、二つ星が1店、一つ星が5店もあり、星の合計は16にものぼります。

タクシーでも15分くらいなのですが、バスに乗っていきます。一人1.8ユーロ。帰りはタクシーで23ユーロでした。

f:id:makikosuwa:20170219110241j:image

バスだと、最寄りのバス停(Lasarte)から徒歩9分ほど。三つ星という超贅沢をするのに、行きは節約です。笑

でも、その町の雰囲気がわかって、バスや少し周りを歩く、というのはとてもステキな体験でした。

f:id:makikosuwa:20160920215017j:image

最寄りのバス停(Lasarte)に着いて、ここから少し歩きます。かなり喉が渇いていたので、お水を買おうと小さなお店へ入りましたが、英語が通じないのと、アジア人が珍しいのか、かなり動揺した感じで接せられました。

f:id:makikosuwa:20160921101535j:image

住宅地を抜けて、しばらくすると、トンネルの入り口にロゴマーク入りのサインが。

f:id:makikosuwa:20160921101604j:image

トンネルを抜けると、ステキな自然たっぷりの世界が広がります。

f:id:makikosuwa:20160921101704j:image

タクシーで来るとこの辺りは通らないのですが、この辺りの雰囲気が、これから始まるステキディナーのなんともステキなイントロ、って感じです。

f:id:makikosuwa:20160921101816j:image

 着きました!郊外の豪華な一軒家、という感じです。外観はこんなに素朴なのですが、中に入るとかなり高級感で、お隣のセレブなカップルの女性はステキなワンピースとジャケットで「もっとちゃんとした格好をしてくれば良かった。。」と後悔。。

 

 f:id:makikosuwa:20160924100500j:image

でも店員さんは嫌な顔せずスマートに通してくれます。窓際のステキな席。お隣との席の距離もかなりゆったり、とっても広々清潔感と高級感に包まれた内装です。写真はHPから拝借。

f:id:makikosuwa:20160924101023j:image

テラスもあるようでランチならこちらも良さそうですね!

 

まずはカヴァを頼んで乾杯!

そしてステキな紙で作られたメニューを渡されます。

 f:id:makikosuwa:20160921101838j:image

アラカルトもありますが、シェフの歴代のオススメメニューで構成されるコースに。

ちなみに、これらの写真は撮るのはかなり恐縮してしまう雰囲気なのですが、記録に残したいので、シャッター音を消して(無音カメラだと画質悪いので、音の出るスピーカー部分を指で塞いで)、ワンショットで撮っていきます。

f:id:makikosuwa:20160921101953j:image

バターからしてオシャレ♪ 4つの味のバター❤︎

パンも4.5種類から選べますが、とにかく多いコースなので、パンの食べ過ぎは注意です。11皿のお料理と2皿のデザートがこの後出てくるのですから。

 

f:id:makikosuwa:20160921101900j:image

この一品目から感動!これは1995年からのスペシャリテ。鰻とフォアグラをミルフィーユにして表面はキャラメリゼされてます。

美味しーい! これ、何個でも食べたい!

f:id:makikosuwa:20160921101914j:image

エビとディルのロワイヤル。ディルが結構効いてます。2014年のお料理。

f:id:makikosuwa:20160921101931j:image

キャビア。このソースが本当に美味しくてこの時点ではまだ余裕があり、パンにつけて全部頂きました♪

f:id:makikosuwa:20160921102029j:image

牡蠣とキュウリのソルベ。ドライアイスがモクモクの演出。 

 

f:id:makikosuwa:20160924100651j:image

だんだん暗くなってきました。お店の裏には広々自然が広がってます。写真はHPから拝借。

 

f:id:makikosuwa:20160921102049j:image

ビーツを色んな形で。色々説明してくれるスタッフも楽しそうで、私たちが美味しいと伝えると本当に誇らしそうでステキなのです。

f:id:makikosuwa:20160921102113j:image

野菜とシーフード。ロブスターが中心に。見た目もそうだけど本当に美味しくて、一口食べる度に「おぉー」ってなる。

これだけの量なので途中飽きそうなものなのに、さっぱり美味しく食べられました。2001年からのロングランのお料理。

f:id:makikosuwa:20160921102154j:image

牛タルタルと生ハムと卵。グリーン&ブラックオリーブのソース。ぷっくりとした紫のがブラックオリーブのソースでとろっと出ます。

このお店は、このぷっくりした形にしたソースがたくさん出てきます。ゼリービーンズみたいで見た目かわいいです。もちろんそんなに硬いわけでもなく、それほど、皮、という感じでもなく、表面がコーティングされていてちょっと刺すととろり、と崩れるという。

赤いビーツのお料理も、このお料理も2016年のお料理。今年はビビットなインスピレーションなんですね。

f:id:makikosuwa:20160921102218j:image

トリュフ。冷たいアイス状のものと温かいフワフワが混ざって美味しい。

お料理だけで11皿も出てくるのに、一皿ずつが普通にたっぷり。モダンスパニッシュによくある、すごく小さいポーションのお料理が並ぶのと違うのです。バスク流なのでしょう。

f:id:makikosuwa:20160921102250j:image

温かいカルパッチョ。美味しいっ!お腹がかなり苦しいのに、食べられてしまう。これ、かなり気に入りました❤︎ 2011年のお料理。

f:id:makikosuwa:20160921102929j:image

丁度ここまでで白ワインのボトルが空いたので赤ワインにチェンジ。

ソムリエの方も笑顔で真摯な姿勢でステキです。せっかくなので、二人で違う種類にします。

f:id:makikosuwa:20160921103101j:image

この手前のボンボンを「絶対にナイフでカットしないで!」と笑って言われる。口に入れて納得。イカスミのソースが弾けます。確かにこれをお皿の上で割ったら事故、だわ。

お魚も鱗がパリパリで美味しい。でももう食べられない、、、

f:id:makikosuwa:20160921103120j:image

ここで、シェフが挨拶に来てくれて、素敵なメッセージ入りのプレートをくれました❤︎

穏やかな人柄を感じる素敵なお顔立ち。こんな独創的なお料理を作れるなんて尊敬!

f:id:makikosuwa:20160921103625j:image

嬉しい!大切にします!

思いがけないことで、とっても感動しました!

f:id:makikosuwa:20160921103201j:image

メインの鳩。低温でじっくり炭火ローストしてあり、美しい色❤︎ かなり衝撃的な美味しさ。脂身を感じない、うまみが詰まりながらも淡泊な赤身肉。これは2016年のお料理。最新作、絶品です!

苦しいけど、美味しいから食べちゃう。

f:id:makikosuwa:20160921103235j:image

この旅行が40才の記念のお誕生日のお祝いだよ、と奮発してもらいましたが、ここでまたお祝いしてもらいました❤︎

f:id:makikosuwa:20160921103307j:image

凄いアートなプレート!

f:id:makikosuwa:20160921103328j:image

デザート一皿目。フェイクライム、という緑で丸いのは、ほんと表面の質感もライムそのもの。ホワイトチョコでできてます。

f:id:makikosuwa:20160921103603j:image

チョコレートロック、とヘーゼルナッツのアイスという最後のデザート。無理ーと思ったけど、フワフワの口当たりで美味しくて、結局完食しました(笑)

f:id:makikosuwa:20160921103354j:image

ミニャルディーズもアート♪ 一晩経っても全ての料理が記憶に残ってる。凄い。スタッフもビジッとしながらもフレンドリーでユーモア溢れる人たちばかり。

f:id:makikosuwa:20160921103411j:image

さすが三つ星!
最高のお料理とサービス、幸せが詰まった空間を心から味わいました♪( ´θ`)ノ 感動です!!!

f:id:makikosuwa:20160924085650j:image

頂いたメニュー。最後に気がつきましたが、私の方だけ、左下に「happy birthday makiko」の文字が!

 

f:id:makikosuwa:20160921103844j:image

 adios! san sebastian! また来ます!

 

後日談として、、

日本に帰ってきてすぐ旦那さんが「凄いオレたちにぴったりのお店見つけたよ!」と、東京カレンダーのサイト記事を見せてくれました。

何軒知ってる?バル・ビストロが好きなら、おさえておくべき名店7選(1/6)[東京カレンダー]

なんと銀座にmartin berasategui出身の日本人シェフのバスク料理のお店が!

今日感動したフォアグラアナゴが食べられるというではないですか!

そしてほとんど日本では流通してないココチャ(メルルーサやタラの顎肉)もあるといいます!

f:id:makikosuwa:20160924090946j:image

今回行ったmartin berasateguiとElkanoを一度に楽しめるお店ということになります。絶対行かなきゃ!

PAIS VASCO (パイス バスコ) スペインバル バスク料理 銀座7丁目の並木通り沿い

 

 

さて、明日はパリへ戻る日。パリで一泊して日本へ帰るので、この旅のラストデイです!その前に、サンセバスチャンのまとめ記事として、「サンセバですべき8つのこと」「サンセバで食べるべきもの」「サンセバの三つ星レストランの違いって?」について書きたいと思います!

 

続いてはこちら

makikosuwa.hatenadiary.jp

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<パリ/サンセバスチャン旅行記シリーズ>

パリ/サンセバスチャン旅行記1 計画編 どうやって行く? - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記2 準備編 事前予約すべきところはココ! - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記3 パリ編① まずはエッフェル塔にご挨拶! - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記4 パリ編② 憧れのルーブル美術館&パリで活躍する日本人シェフ - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記5 パリ編③ ヴェルサイユ宮殿に行きましょう - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記6 パリ編④ ヴェルサイユ宮殿後半&地元で人気の食堂へ - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記7 サンセバスチャン編① パリで朝run&サンセバへ移動! - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン 旅行記8 サンセバスチャン編② ジャズフェス&バル巡り♪ - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記9 サンセバ編③ 朝run&お気に入りステーキバルへ - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記10 サンセバ編④ ビーチ&バルの王道サンセバ! - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記11 サンセバ編⑤ 魚好きなら絶対に訪れるべきレストラン! - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記12 サンセバ編⑥ 最高の夕日スポット❤︎ - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記13 サンセバ編⑦ お気に入りの桟橋&バル巡り納め♪ - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記14 サンセバ編⑧ 遂にミシュラン三ツ星レストランへ★ - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記15 サンセバ編⑨ サンセバですべき8つのこと <前半> - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記16 サンセバ編⑩ サンセバですべき8つのこと <後半> - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記17 サンセバ編11 サンセバで食べるべきもの - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記18 サンセバ編 12 オススメのバルランキング - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記19 サンセバ編13 3つの三ツ星レストラン どこに行けば良い? - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記20 パリ編⑤last night in Paris❤︎ - KM delicious trip

パリ/サンセバスチャン旅行記21 パリ編⑥ 観光&絶品 生フォアグラ❤︎ - KM delicious trip